RELOAD

すきなものをすきなだけ語る。ミーハー体質。

そう思っている、気がする

最近つまり、誰ファンなの?と思われそうな自分のツイートを見て苦笑。

 

自分でも結局どこに向かうのかな?と思ってたのが正直な所だったんですが、昨日は「のど自慢」制作発表の記事を必死に探す自分がいて、なるほどますます分からない、と体感したところです(笑)

 

やっぱり、たまアリで感じた衝撃は間違いなかったんだな、と自分で思ったりしちゃったりして。

 

 

今回は寺西くんの話をします。

「音楽喜劇、のど自慢、上を向いて歩こう」一般発売になりました〜

ながつまくん、全部ほんとうのタイトルですよ( ˆoˆ )/← (寺西くん見学日のらぶクリエの長妻くんコメントw)

 

一般発売楽しみだな!またサイト更新されるかな!とドタバタの午前中の打合せを乗り越えてTwitter開いたら、制作発表に登場したらしい。

ちなみにジャニアカTLには何も流れておらず、最近えびにハマる人がちらほら見受けられるヅカアカで!w

マイナビニュース様の「寺西拓人さん」表記を見かけてひっくり返りました。

 

出演者出た時の名前の大きさとか位置とか、なんかこれからメキメキ頭角を現す若手枠!みたいな雰囲気に溢れていたし、ポスター見たときからなんだか結構オイシイ役なのでは?!と薄々期待していましたが、本当にそうだった(´;ω;`)

制作発表に呼ばれるなんて!しかもマイクで喋らせてもらってそれが記事に載るなんて!!すごいことだなぁ。

でも。きっと寺西くんは『先輩と同じ事務所だから』『ジャニーズだから』こういう抜擢をされている自分に気づいていて、だからこそ良い意味で裏切るためにこのチャンスを逃さずしっかり頑張らなくては、と思っている気がする。

 

それはSHOCK出演の頃の雑誌のコメントで「初めての出演の割にはいいね、と思われないようにしたい」と言っていたことを思い出したからかな。

あとは、つい最近のクリエC見学。舞台の告知をした後で「バーターです!笑」って言った件も。必ずツッコミ入れてくれる安井くんがいるからこその発言だけど、真意なのではないかな…と思ったり。自分の力だけではなく、恵まれた環境だという意識を忘れてない感じがして。

 今月のd誌でも、安井くんとのエピソードを書いていて、「安井はLove-tuneとして、オレは舞台での活動…」みたいにコメントしていて、舞台に対するギラギラした思いが伝わってきたし。

5/9のラジオの時も学生じゃなくなり仕事一本になってどうしていくか考えている様子だったし。

 

だから、等身大の自分に近い悩みを抱える役を演じるのは良いタイミングだと思う。

自分とかけ離れた役に、どこか近い感情を見出しながら演じるのも魅力的だけど…

自分と重なるからこそ今まで気づかなかった自分の感情に出会えたりもするんじゃないかな。雑誌とかでそんな話が聞けたら嬉しい!

 

アイドルして踊ってるとこも当然観たいんだけど、でも色んな現場を見学しまくってて(笑)色んなことを吸収したい!っていう欲が見えるから多分期待を超えたものを見せてくれそう!それに「絶対に見せてやる」って思っている気がする。

 

まぁここまで書いたことって贔屓目だし主観だし希望なんだけど、そんな風に思わせてくれるところも好きです。

 

あとはやっぱり双眼鏡を覗いてる時に受けた衝撃は多分いま手放したら、きっとまた「あの時の自分を信じて追いかけてれば!」となりそうだから(*´ω`*)

また嬉しい発表に期待しているー♡!