RELOAD

すきなものをすきなだけ語る。ミーハー体質。

熱いうちに打て。

しっかりした文章で、自分の気持ちを書き残しておきたいと思ってブログやってみたいなと去年は思ってたわけですが、まぁ結局のところTwitterで書いちゃうし、予想通りの三日(というか3記事)坊主でした。

 

で、久々に投稿画面を開いたのは書き残したい事件が起こったからです。

 

わたし、Jr.祭りで寺西くんに落ちました

 

突然の名前に驚かれるでしょうが、自分自身が誰より驚いてます!笑

元々というか現在進行形で宝塚ファンの私ですが、2014年のオーシャンズ11で可愛い安井くんのモロイ兄に釘付けになり、そこからジャニーズも見るようになりました。

安井姐さんキッカケなので「49」はザックリ見てるんですよ。「敵役はオイシイ子」という刷り込みもあって(笑)私の中では寺西くんはJr.の中でも初期から覚えている人でした。

だからまぁジャニヲタ初現場だったキスマイジャーニーでも歓声が大きくて「すごーい!」とゆるゆる思っていたし、その後もいろんなレポで見ては「頑張ってるなぁ」と思ってました。

でもまぁ前記事にある通り紆余曲折を経てJUMP担になり、お友達もできて、キスマイの時よりも恐る恐るという感じもなくなってきて、ジャニヲタとしてのホームはここになるんだなと思っていました。

 

そんな時に飛び込んできたニュースがこちら。

私の大好きな雪組から惜しまれつつ退団なさった宝塚OGせしちゃん(大湖せしるさん)の外部仕事に喜び!花担時代によく見てた蘭ちゃん(蘭乃はなさん)のダンスに出会えそうな喜び!

そこに知ってるJr.の寺西くん諸星くんが出るって嬉しいな〜!と思いました。

メール会員でいそいそ応募してチケットを押さえました。玉野さん演出の舞台(GEM CLUB)も観たことがあったので、そんな方がてらもろに期待をかけてくださっているのが嬉しいなぁとニコニコ。

 

そして感想はこんな感じ。

寺西くんは敵役的な要素がある役だから、リベルテ派よりも役に気持ちを乗せるのが大変そうだなと思ってました。でも荒削りながらもお芝居を楽しんでるのは伝わってきたし、まっすぐな役もいつか回ってきますようにと感じました。

クロスハートもSHOCKもオーディションで選ばれたということは舞台雑誌を立ち読みして知っていたので、なんとなく応援する気持ちがありました。かといってSHOCKレポとか全然見てなかったけど( ˇωˇ )←

 

からの、外部舞台決定…

 これは覚えている。

6時半くらいに目が覚めて、ベッドでゴロゴロとTLを眺めていて「どういう人が出演されるのかな〜」とゆるっとHPを開いてスクロール。

「てーらーにーしー?!!」ってびっくりして起き上がって声出てた。

いま思えばもうそれって結構好きなやつだね?(鈍感)

 

3月横アリのJr.祭りは完全に申し込み忘れてしまいwこれは縁がなかったということなんだな、と諦めていたら追加公演決定。

お♡行ってみたい!というミーハー心で申込み、2公演行くことに。

 

4月8日(土)1部

500レベルだったんですけどwでもまぁチケトラブルに巻き込まれはしなかった。着席だったので結構のんびり見てました。

那須くんの「BYAKUYA」にキュンとし、らぶの選曲の良さに唸ってました。
そしたら寺西くんいる?!アップになってる。「キャーーー!!!」叫んでた。

会場の歓声もすごくて立ち位置謎ですが「ご本人、嬉しいだろうな〜」と思ってた。

あとは、やけに第2ボタンまで開けるシャツの着こなしがうまいなと思いました

そこからまた龍我くんの「Sexy Rose」にテンション上がったり、らぶの舞台の使い方に感激し、あのCALLの空気からしっかり変えてくるPrinceも頼もしいなぁ(*^^*)…

ギャーー!!Hair!!これ曲が格好よくてまず好きだし…あの衣装も好き。ぞくぞくする感じとか色気とかね。SHOCK組3人でダンスのテイストが一番好きなのは寺西だな〜と思って注目しました。

帰り際、謎のときめきを胸に、

そういえばアイドルしてる寺西を生で見るの初めてだったんじゃない?と気づく。

 

4月9日(日)1部

寺西くんが出てくることは当然知ってるし、歌う曲もわかってるんだけど。

メドレーの白スーツの立ち姿を双眼鏡で覗きながら

「え…めっちゃかっこいいん、です、け…ど?」

と衝撃をうけた

まさに、この瞬間に落ちたんだと思います。

この感覚には身に覚えがあって、宝塚のご贔屓を好きになった時がまさしくコレ。

それまでも何度も映像とか舞台で見てるし、何ならその日の公演中も何度も双眼鏡で見てるのに、とある瞬間にドカーンと落ちて今に至っている(約5年前の話)。

だから双眼鏡のぞきながら自分でも察知しましたね。

「この感じ知ってる…落ちてるやつだ」

5年前のあの瞬間がフラッシュバックしながら、この瞬間のことも忘れないのかも、と直感的に思いました。

 

翌日からとりあえずレポと写真探して、「のど自慢」のチケット押さえてました。SHOCKのフォトセが格好良くて、ドル誌っぽい写真よりこういうテイストの写真が好きなのでテンション上がりました。

 家にあるディスクをひっくり返して、バックに付いてる映像引っ張り出して、動画サイトにもお世話になって、余白を感じさせて自分の世界に引き込むような踊り方が好きだな〜とか。とにかくダンスにドキドキしました。身体の使い方がすごい。

近所の図書館でW誌1年分読み返して、舞台やお芝居に対する気持ちが深まっていくのが面白くて、これからが楽しみだなと思いました。

前から知ってるのに何で今さら!もっと早く気付いていれば!!と思う反面、私にとっては「今」がベストな瞬間なんだな、と思うのでありました。

自分でも急展開についていけないけど、どうもこうも、どうしようもない( °ᴗ° )

 

ご贔屓さんの時は「落ちた」という感覚だったのに、自分への戸惑い+仕事の読めなさでファンクラブに入るまでに3年弱も掛かってしまい、いま思えば勿体ないことをした!!という後悔の念があります。(自分が気持ちよくファン活動するために必要な期間だったと納得はしてるけど)
 

だから…この感覚知ってる!と思った自分を信じるならば飛び込んでみようかしらと。

熱いうちにどんどん打っていかないと、時間は無限ではないのでね。

 

とはいえ、別ジャンルに圧倒的に好きな贔屓がいる時点で、

誰かの「担当」と名乗ることは自分の中ではしっくりこない感覚もあるので…

いわゆる「担降り」とはニュアンスが違うなぁとは思いつつ、自分で自分が面白いのでこの勢いを記録しておこうと思います。

面白い画像あったから本当は「降りました!」やりたいけどね(๑´ڡ`๑)w←